• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

外壁タイルの耐震性は?剥離・剥落・落下の心配はない?

tile07b

外壁タイルの家だと、地震の時に心配・・・そんなイメージをお持ちではないですか?
地震の揺れで貼り付けた外壁タイルが、剥がれ落ち、通行人にケガをさてしまったら・・・。
そんな不安をお持ちの方に、外壁タイルの耐震性について解説いたします。

外壁タイルの耐震性は?剥離・剥落・落下の心配はない?

目次

  • 外壁タイルは地震で剥がれる?
  • 外壁タイル剥離・剥落の原因
  • 安心できるタイル施工のチェックポイント
  • 阪神・淡路大震災の200%の揺れでも耐えられる耐震性
  • まとめ

外壁タイルは地震で剥がれる?

外壁タイルの家は、高級感がある外観と、外壁タイルそのものが丈夫で長持ちすることから人気です。
しかし、ニュース番組などで、マンションなどの外壁タイルが剥離して落下。通行人が大怪我・・・といった話題が時折出ます。

外壁タイルそのものも重量があるため、地震に弱いのではないか?

そのようにご不安な方も多いことと思います。
実際、地震で外壁タイルが剥がれるものなのか?
ということですが、結論から言えば、現代の外壁タイルと接着剤を用いて、適正な施工をすれば、剥離・剥落事故はほとんと発生しません。

かなり大きな地震が発生しても、適正な施工を施してあれば問題ではありません。

外壁タイル剥離・剥落の原因

では、ニュースなどで見るマンションの外壁タイルの落下はどのようなことが問題なのでしょうか?
主な理由は2つあります。

1つは、かなり古い施工で、接着剤などの下地の性能が良くなかったことが考えられます。
近年、外壁タイルは素材も下地も急速に進化していますので、これから建てる家では、まずありえないことでしょう。

次に施工不良が考えられます。
正しく施工していれば、外壁タイルは経年劣化で剥離・剥落することはほとんどありません。
しかし、施工の際に、例えばタイルと下地の間に隙間が空いてしまったり、タイルの重さに対して接着剤の量が不十分ですと、「浮き」や「剥がれ」につながります。
このような状態ですと、地震などの何らかの力が加われば、簡単に剥がれ落ちてしまいます。
※地震でなくても剥がれ落ちるケースもあります。

安心できるタイル施工のチェックポイント

ではここで、安心できるタイル施工のチェックポイントをご案内いたします。

建物自体が揺れにくい構造になっているか?

元々、木造住宅は揺れやすい構造になっています。
そのため、地震の揺れによって外壁面が変形しやすいといえます。
この外壁面の変形が、外壁タイルが剥がれる原因となります。

適切な強度の接着剤が使用されているか?

タイル用の接着剤と言っても、ホームセンターで販売されているものから、接着強度試験を受けたものまで様々です。
使用するタイルの種類にあった接着剤を選ばないと、タイルの重量に対して接着力が足りず、「浮き」「剥がれ」の原因となります。

タイルの種類に合ったタイル下地が使われているか?

外壁タイルを貼る下地材も重要です。
下地材の防水率によって、接着剤のつき方に影響が出る場合があります。
適正な下地材と、それにあった接着剤を使用しないと、接着力が足りずに「浮き」「剥がれ」につながります。

また、重いタイルを使用する場合は、下地材にリブと呼ばれるタイルを引っ掛けるための出っ張りがついたリブ付き下地材を使用する、引っ掛け施工がオススメです。

阪神・淡路大震災の200%の揺れでも耐えられる耐震性

例えば、クレバリーホームでは、外壁タイルの家が標準仕様となっています。
木造の骨格に、重い外壁タイルを貼り付けることに不安を覚える方がいることは事実です。

クレバリーホームの場合は、木造ですが、モノコック構造とSPG(ストロング・ポスト・グリッド)構造を組み合わせた、「プレミアム・ハイブリッド構法」を採用。
建物自体が、地震に対して非常に強い構造となっています。
その上で、職人が丁寧に外壁タイルを施工していきます。

外壁タイルが標準仕様ですから、職人さんの熟練度も高く、適正な施工が行われています。

実際に、クレバリーホームでは、実物大の建物を作り、耐震試験を行っています。
その結果、阪神・淡路大震災の200%の力で揺らしても、倒壊はもちろん、外壁タイルが破損したり、剥がれ落ちたりといったことはありませんでした。

taisin

このように正しい施工を行えば、外壁タイルの家は地震にも強いになるのです。

まとめ

外壁タイルは正しい成功を行えば、経年劣化で剥離・剥落することはありません。
また、かなり強い地震が発生しても、問題ありません。
外壁タイル落下事故の多くは、元々の施工に問題があるのです。
外壁タイルの耐震性について不安に思われる方も、安心してご検討ください。

おすすめのブログ記事

外壁タイルとサイディング、そして塗り壁・・・外壁材にお悩みの方は、こちらをどうぞ。
→ 外壁タイルvsサイディングvs塗り壁を徹底比較|どれを選ぶ?

一口に外壁タイルといっても種類は様々。外壁タイルの種類を価格を知りたい方はこちらへ。
→ 外壁タイルの種類と価格を解説

外壁タイルってメンテナンスが不要だって聞くけど本当?外壁タイルのメンテナンスについて知りたい方はこちらへ。
→ 外壁タイルは本当にメンテナンスフリー?【初心者向け】

お問合せはこちら資料請求はこちら

The following two tabs change content below.
外壁タイル相談室の中の人

外壁タイル相談室の中の人

「外壁タイルの家」で有名なクレバリーホーム所属。
外壁タイルを標準仕様としているハウスメーカーとして、日々外壁タイルの情報収集に勤しむ。
外壁タイル相談室では、外壁タイルのメリットやデメリットなど、普段の業務や情報取集の中で得た外壁タイルの情報をお届けします。
夢のマイホーム創りの参考にしていただければ幸いです。

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る

最近書いた記事

関連の記事

株式会社新昭和FCパートナーズ
本社/千葉県君津市東坂田4丁目3番3号