• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

外壁タイルの多彩な外観デザイン!もう迷わないメーカー選びのポイント

住宅の外観をデザインする際、さまざまなテクニックが存在します。
外観デザインのご要望をお聞きしたうえで、限られた予算と限られた土地の中でどれだけご要望を満たせるデザインにできるかはメーカーの提案力とテクニック次第です。

今回は実際にクレバリーホームで建てたお施主様のマイホームにお邪魔して、注文住宅ならではのこだわりの外観デザインをご紹介いたします!
実例の写真とともにご説明しますので、ぜひ住まいづくりの参考にしてください。

外壁タイルを活用したデザイン(実例)

新築住宅を建てる際、間取りだけでなく外観デザインにもこだわりたいという方は多いはずです。
ではどのようにすることで、こだわりの外観デザインを叶えることができるのでしょうか。

そのテクニックの一つは建物の凹凸(おうとつ)を利用するということです。

外観のデザインは外壁の種類だけでは決まりません。どう見せるか?といったテクニックも技術力の一つです。
では実例からデザインを解説していきます!

2色の外壁タイルで濃淡をつけ、立体感を出す

この住宅の外壁を見てください。濃いブラウンのタイルと白いタイル、この2色の外壁タイルを使うことによって色で濃淡をつけています。

この色の濃淡を使用したのは単純な趣向のためだけではなく、建物の凹凸感を際立たせ外観デザインにメリハリをつけるといったテクニックとなっています。

デザインと機能性を融合させた外観デザイン

次に、この住宅は間取り的には四角で、総2階のようになっています。

その中で、玄関の壁(袖壁)やボックス型の柱をつくり、部屋の一部を前面に出すことによって、建物の凹凸をより演出できるようにデザインしています。

さらに屋根部分のデザインも特徴の一つです。
屋根を2階のバルコニーに覆いかぶさるように、屋根の位置を少し前に出しています

そうすることでインナーバルコニーのようになり、その下にあるウッドデッキは雨の日でも濡れず日除けにもなるため、デザインと機能性を兼ね備えた住宅を実現することができます。

 

1つの家で3種類の外壁タイルを使用したデザイン

上記の画像は実は3種類の外壁タイルを使用しています

3種類の外壁タイルの組み合わせでデザインすることにより、家に多彩な表情をつけることができるのです

特にこのような深みのあるデザインは、取り扱っている外壁タイルの種類やカラーバリエーションが多いからこそ叶えることができるデザインです。

 

この洋風の輸入住宅のようなデザインは、本来外壁タイルが苦手としているデザインといわれています。

ただ、クレバリーホームならこのような洋風デザインにも対応できる外壁タイルをご用意してます。
詳しくは下記の記事を参考にしてください!

おしゃれな外壁タイルのデザイン|サイディングの多彩さにも負けないスタイル

他社と比較!クレバリーホームの揃える豊富なタイルの種類とカラー

上記で挙げたように、外壁タイルが苦手なデザインをクレバリーホームでは叶えることができたり、他社では演出できない風合いを実現できたり、それらを分ける要因は何なのでしょうか?
それは、『外壁タイルのデザインと種類、カラーバリエーションをどれだけ多く持っているか』になります。
特にこだわりの外観デザインは、外壁タイルの種類やカラーバリエーションの多さによって要望する外観デザインにより近づけることができます。

では一体、クレバリーホームが取り揃えている外壁タイルの種類は、他社と比較してどれくらい豊富なのでしょうか。

実際にA社、B社、クレバリーホームの3社で比較してみます!

3社での比較|外壁タイルのデザイン・種類

まずA社の場合。
この会社で選べる外壁タイルは1種類で色は5色です。
1種類のタイプで5色の組み合わせが選べるということです。

次にB社の場合。
この会社で選べる外壁タイルは9種類で色は41色です。
A社と比べると多いですが、どれくらい多いのかピンとこないですよね。

最後にクレバリーホームの取り扱い量を見てみましょう。
クレバリーホームで選べる外壁タイル全部で29種類、色は148色です。

これは他社と比較しても圧倒的な差で業界トップクラスのバリエーションと言えます。

外壁タイルの特性や扱いを「熟知」しているメーカー選びが大切!

外壁タイルに対する深い知識と経験によって培われた技術がクレバリーホームにはあります。
マイホームに安心して永く住むためにも、メーカー選びは大切です。
どれだけ外壁タイルの種類やカラーバリエーションがあるのかというのが、外観デザインの実現できる幅に影響します。こだわりの外観デザインを叶えたい場合は、そのような視点でメーカー選びをするのもいいかもしれません。

なお、クレバリーホームではすべての商品にオリジナルのタイルを使用することによってコスト削減を実現しています。

「新築を建てる際に後悔したくない」「どんな外壁材が良いのか」「タイルにしたいけど会社を迷ってる」など外壁に関するお悩みやご相談を解決する記事を他にもたくさん配信しておりますので是非ご活用ください!

お問合せはこちら資料請求はこちら

The following two tabs change content below.
外壁タイル相談室の中の人

外壁タイル相談室の中の人

「外壁タイルの家」で有名なクレバリーホーム所属。
外壁タイルを標準仕様としているハウスメーカーとして、日々外壁タイルの情報収集に勤しむ。
外壁タイル相談室では、外壁タイルのメリットやデメリットなど、普段の業務や情報取集の中で得た外壁タイルの情報をお届けします。
夢のマイホーム創りの参考にしていただければ幸いです。

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近書いた記事

関連の記事

株式会社新昭和FCパートナーズ
本社/千葉県君津市東坂田4丁目3番3号4階